Japanese / English


あかり (ASTRO-F)
ミッションの目的
衛星の概要
観測装置
運用計画
期待される成果
観測成果
ASTRO−F 早わかり
 〜Q&A〜
あかり (ASTRO-F)

「あかり」(打ち上げ前の名称は「ASTRO-F」あるいは IRIS: Infrared Imaging Surveyor) は、JAXA宇宙科学研究本部を中心に計画が進められてきた赤外線天文衛星です。日本の衛星搭載赤外線望遠鏡としては、SFU衛星(1995年打ち上げ)に搭載されたIRTSがありました。「あかり」はこれに続く軌道上赤外線望遠鏡で、単独の本格的な赤外線天文衛星としてはわが国初となります。 IRAS衛星(1983年打ち上げ、米英蘭)は、赤外線による全天観測を世界で初めて行い、天文学の進歩に大きく貢献しました。ASTRO-F 計画は、IRAS衛星と同様の全天サーベイ観測を、より広い波長域で、はるかに優れた空間分解能と検出能力で実行しようとする野心的な計画です。「あかり」の望遠鏡は口径 68.5 cmの冷却型で、観測波長は波長 1.7 ミクロンの近赤外線から波長 180 ミクロンの遠赤外線までをカバーします。 「あかり」は宇宙研の主力ロケット M-V によって、高度約 700 km の太陽同期軌道に打ち上げられました。

最新情報

「あかり」が捉えた星間有機物の進化 (2014年3月)

赤外線天文衛星「あかり」のデータから、我々の銀河系内に広く豊富に分布し、生命の起原物質の一つとしても注目されている、多環芳香族炭化水素(PAH)と呼ばれる有機物分子について、その大きさを推定する手がかりや、周囲の環境に応じて「変成」を受け、構造が変わっていく様子が明らかになりました。東京大学大学院理学系研究科博士課程に在学中の森(伊藤)珠実さん(日本学術振興会特別研究員)を中心とする研究グループによって行われたこの研究の成果は、アメリカの天体物理学の専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」の2014年3月20日号に掲載されました。

Fig.

観測成果ページへ


「あかり」観測運用終了のお知らせ

「あかり」は2006年に打上げられてから、目標寿命3年を大きく越える5年以上にわたって全天サーベイや22000以上の指向観測などの観測運用を行い、多くの成果をあげてきました。「あかり」は昨年5月以来、冷凍機性能の経年劣化により観測を中断し、冷却性能の復帰運用を続けてきました。しかし、2011年5月24日に発生した電力異常による影響で、通信や姿勢制御等の衛星運用の制約が大きくなり、科学観測を再開することが困難な状態であるとの判断に至りました。今後は衛星の制御をできるだけ取り戻し、衛星運用の安全な終了をめざします。

これまで「あかり」をご支援いただいた皆様に感謝いたします。

「あかり」プロジェクト

宇宙科学研究所「トピックス」(2011年6月17日)
JAXA プレスリリース (2011年6月17日)

「あかり」衛星の運用を終了

赤外線天文衛星「あかり」は、2011年11月24日午後5時23分(日本時間)に停波作業を行い、衛星のすべての運用を終了しました。

『赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の運用終了について』
宇宙科学研究所「トピックス」(2011年11月24日)
JAXA プレスリリース (2011年11月24日)

「あかり」ペーパークラフト

赤外線天文衛星「あかり」のペーパークラフトが作れます。「初級編」と「上級編」があります。 → ダウンロードページ

「あかり」ちゃん漫画配信中

研究者・観測者向けページ
JAXA/ISAS Home Page
JAXA 宇宙科学研究所
LIRA Home Page
赤外線天文グループ