Japanese / English


あかり (ASTRO-F)
ミッションの目的
衛星の概要
観測装置
運用計画
期待される成果
観測成果
ASTRO−F 早わかり
 〜Q&A〜
あかり (ASTRO-F)

「あかり」(打ち上げ前の名称は「ASTRO-F」あるいは IRIS: Infrared Imaging Surveyor) は、JAXA宇宙科学研究所を中心に計画が進められてきた赤外線天文衛星です。日本の衛星搭載赤外線望遠鏡としては、SFU衛星(1995年打ち上げ)に搭載されたIRTSがありました。「あかり」はこれに続く軌道上赤外線望遠鏡で、単独の本格的な赤外線天文衛星としてはわが国初となりました。 IRAS衛星(1983年打ち上げ、米英蘭)は、赤外線による全天観測を世界で初めて行い、天文学の進歩に大きく貢献しました。ASTRO-F 計画は、IRAS衛星と同様の全天サーベイ観測を、より広い波長域で、はるかに優れた空間分解能と検出能力で実行しようとする野心的な計画です。「あかり」の望遠鏡は口径 68.5 cmの冷却型で、観測波長は波長 1.7 ミクロンの近赤外線から波長 180 ミクロンの遠赤外線までをカバーします。 「あかり」は2006年2月22日に、宇宙研の主力ロケット M-V によって、高度約 700 km の太陽同期軌道に打ち上げられました。2011年11月24日に停波し、すべての運用を終了しました。現在、「あかり」が取得したデータの解析が続けられています。

最新情報

「あかり」研究員の名前が小惑星に (2014年7月)

「あかり」全天サーベイデータから小惑星カタログを作成・公開して、自らもそれを用いた科学的成果を上げられてきた臼井文彦氏の貢献に対し、国際天文学連合は小惑星(24984) 1998 KQ42に「Usui(臼井)」と命名することを承認しました。 このことは、6月30日からフィンランド・ヘルシンキで開催された国際会議「小惑星・彗星・流星2014」において、発表されました。 臼井氏は「あかり」プロジェクトのメンバーとして、「あかり」が全天サーベイ・指向観測の双方で最大限の成果を得るような観測スケジュールを立案するという、大変重要な業務を担当していました。その傍ら、小惑星カタログの作成とそれを用いた研究を続けてこられました。臼井氏らの作成したカタログは、5120個の小惑星の情報が含まれ、世界中の研究者やアマチュア天文家に広く利用されています。 臼井氏は、2013年8月より東京大学大学院理学系研究科特任研究員として、「あかり」の近・中間赤外線分光観測のデータ解析・公開作業に取り組んでいます。

東京大学大学院理学系研究科プレスリリース
「あかり」小惑星カタログ

「あかり」衛星の運用を終了

赤外線天文衛星「あかり」は、2011年11月24日午後5時23分(日本時間)に停波作業を行い、衛星のすべての運用を終了しました。

『赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の運用終了について』
宇宙科学研究所「トピックス」(2011年11月24日)
JAXA プレスリリース (2011年11月24日)

「あかり」ペーパークラフト

赤外線天文衛星「あかり」のペーパークラフトが作れます。「初級編」と「上級編」があります。 → ダウンロードページ

「あかり」ちゃん漫画配信中

研究者・観測者向けページ
JAXA/ISAS Home Page
JAXA 宇宙科学研究所
LIRA Home Page
赤外線天文グループ