銀河の進化を探る

原始銀河の探査

宇宙の進化

銀河はいつ、どのように生まれ、現在の姿に進化してきたのでしょうか?宇宙で初めの頃に作られた星の光は、大きなドップラー効果の影響で、赤外線領域で観測されます。また生まれたての銀河は、非常に激しい星生成を起こしている可能性が高く、赤外線で最も明るく見えると考えられています。高感度の赤外線観測によって、ASTRO-Fは生まれたばかりの銀河(原始銀河)を探索します。ASTRO-Fによって全天から約1000万個の銀河が検出されると予想されています。


 

赤外線銀河の起源と進化

遠方の銀河
(画像:STScI/NASA提供)

世界初の赤外線天文衛星IRASは、赤外線で明るく輝く銀河(赤外線銀河)を発見しました。その後これらは、銀河同士が衝突し、大量の星が生まれている活動的な銀河であることが判りました。その中心には巨大なブラックホールがあり、その周りから膨大なエネルギーを放射しているとも考えられています。この様な衝突現象は、宇宙の初期には頻繁に起こったと思われます。ASTRO-Fの遠赤外線観測装置は、宇宙初期に遡る系統的なサーベイを行って、活動銀河の起源と進化を探ります。


 

宇宙はビックバンによって100〜200億年前に生まれたと考えられています

IRAS:米英蘭が共同で開発し1983年に打ち上げた口径57cmの赤外線望遠鏡。約10ヶ月間の観測を行い全天の96%の領域を観測しました

INDEX↑ | NEXT→